→このページ上部へ戻る
本文へスキップ

デントリペアで"車のヘコミ"を板金塗装せずにスピード修理

トラストデント北九州八幡店

お問い合わせ093-201-3338

〒807-0045 福岡県遠賀郡水巻町吉田東2丁目10-33


くるまの凹み修理はデントリペア専門プロショップ「トラストデン北九州八幡店」にお任せ。


当店は【デントリペア(PDR)国際大会5位入賞・米国PDR指導者オブザイヤー受賞・米国PDR認定技術者(すべて東洋人第1号認定)】であるトラストデントグループ代表、押味謙治から直接指導を受け、施工代理店を 任されているスペシャルショップです。
他店で修復無理と断わられた凹みも、リペア可能な場合も多くあります。日本にわずか7人しかいない米国デン トリペア技術者資格マスタークラフトマンの実力は最終手段の場と考えて、ぜひお試しください。


お客様へお知らせ
2016年3月15日
第14回 国際オートアフターマーケットEXPO2016
今年もトラストデントグループは国際オートアフターマーケットに出展いたします。
初日3月16日は私も参加しております、デントリペアの実演もいたします。       
3月17日から通常営業しておりますのでよろしくお願いいたします
2016年8月9日
2016年,お盆休みのご連絡です。
2016年8月11日、8月13日から15日までお休みいたします。
お休み中おケガ、事故などされないよう       
お盆をおすごし下さいませ。           
デントリペア前のヘコミの確認方法


 デントリペア工法とは簡単にいうと「くるまの凹みを裏から押して直す」修理方法で、板金も塗装もしない環境にも車にも優しくエコなボディー修理法のことです。
 しかし、このデントリペア技術は"オリジナルの塗膜を残さなければならない"という絶対条件があるため、一度大きな失敗をしたら、二度と元に戻せない(手直しも出来ない)こともある特殊な修理方法なのです。
 全て人の手作業によって行われるこの"デントリペア工法"では技術者の豊富な経験値と十分な技術が必要不可欠ですが人による手作業である以上、技術者が余程徹底しない限り「仕上がり具合や修理可能な部位」に大小の差が出てしまいます。
 私達トラストデント・グループではその点にいち早く着目。グループ結成以来その "重大な現実" を真摯に受け止め、皆で技術力を高めることのみに時間も努力も惜まずにきました。デントリペア技術の本場である海外視察などもその一例です。今後もその方針を変えずに「お客様にご満足頂ける、プロによるプロの仕事のご提供」を常に志し、更なる技術の向上に努め精進していく所存でございます。
 私たち側から見れば100人のお客様でも、お客様側からの立場から見ると1対1。そのことを第一に念頭に置き、お客様一人一人に対して常に誠心誠意を持って対応させて頂くことが私たちのポリシーです。
凹みを必ず直すまではあきらめないと、いつも思い作業させて頂いております。

 私たちの根底にあるもの、それは今も昔も変わらない「お客様のご満足とプロ意識のご提供」

 当グループの掲げる目標は、デントリペアという大きな一つのカテゴリーを「従来型の デントリペア」と「TRUSTデントリペア」の2つに分類することでお客様の選択肢を広めていくということ。 例えば板金塗装というカテゴリーが「在来型の板金塗装工法」と「軽板金工法」に分類されているように、デントリペア業界もクオリティーの違いや掛ける手間、工賃などによって分類していく必要があります。そうすることによりお客様側が「ご希望に沿ったコストで、望む範囲の仕上がり具合」を選択することが可能となり、デントリペアという素晴らしい技術が日本に定着すると思います。。「お客様が安心して、施工店選びを出来る環境・システムを整備し作り上げていく」こと。その実現可能であり、確立しなくてはならない目標に向かってグループ一丸となり日々の作業に精一杯取り組んでおります。

 クオリティー・チェックの徹底と明確なチェック方法の公開

メルセデスベンツ W211 E350 デントリペア 左リアドア リフレクターボード トラストデントグループでは、独自のクオリティーチェック方法(右写真参照)で「一目でわかるデントリペア工法での修理後の確認の仕方」を実施しています。これにより今まで見る人によりまちまちであった仕上がり具合の誤差が改善され「お客様・私達施工者・中間業者様」の皆さまが全員がご納得されることにより「デントリペアというものが明確になった!」と好評を得ております。
 それまで誰もが踏み込みたくなかった領域である「仕上がりの基準公開」にあえて一歩踏み込んだ、トラストデント・グループの自信を感じていただければと思います。

→デントリペア(PDR)とは



グループならではの安心の料金案内


 デントリペアの施工を受けたいお客様の中には「初めてなので値段がよくわからずいま一歩を踏み出せない」と躊躇されている方もたくさんいらっしゃるかと思います。 それは、デントリペアという修理方法が「技術職」であり、コンビニや家電量販店で売られている製品の様に全国的に決まっている”定価”というものがないからでしょう。
 私たちトラストデント・グループでは、へこみの大きさごとに「高くもなく、安くもなくの平均的で適正な」施工料金を長年業界に携わってきた経験の上、しっかりと算出し明記しておりますのでどうぞご安心ください。
 また、全国どこのトラストデント施工代理店で修理しても、同じ施工料金や”割引特典”でサービスを受けられるシステムを業界に先駆け一早く採用しております。 もちろん、万が一お客様に仕上がりがご満足されなかった場合は施工料金は頂きません。
 トラストデント・グループ全国各サービス店では、板金塗装と同様に現在お客様がご契約されている各種自動車保険を使用しての修理も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 →施工料金はこちら



Vale PDR Licence

私たちトラストデント・グループ(TDG)は、世界水準の本格的デントリペアをお客様へご提供し、こ満足して頂けることを念頭に置いて日々の作業に取り組んでおります。
当グループではお客様に、より一層安心してご利用いただく為には『明確な技術レベルの裏付け』の提示こそが最重要事項と考えました。
そこで、2011年1月にアメリカに於いての当グループ代表の技術認定試験合格を皮切りに、日本国内の施工
グループでは初となる国際的なデントリペア技術認定の取得を本格的に開始しました。

米国Vale Training Solutions社の技術認定試験が国際的に最も有名と言えるでしょう。

Vale Training Solutions社とは、世界各国のデントリペア技術者の『技術レベル認定試験』を行う検査機関で、デントリペアの本場アメリカを拠点とするとても歴史のある会社です。
Vale Training Solutionsではデントリペア技術者レベルを技術認定試験の難易度の違いにより、【Journeyman】→【Craftsman】→【Master Craftsman】の3段階(ランク)に分類しております。
ランクが上がるにつれてテスト内容の難易度は断然高くなります。

デントリペア技術者データベース
vail認定デントリペア技術者データベース

日本国内では、最高峰ランク【Master Craftsman】の技術認定者は、トラストデント・グループの代表を筆頭にTDG正規施工代理店の各代表6名、合計7名だけが正式認定されております。 ※2013年1月現在

当店代表は2013年1月に、3段階の中で最も難易度の高い【Master Craftsman】の認定試験に合格し、〔ID No.10275〕でマスタークラフトマンの認定をいただきました。 右に設置してあるバナーのリンク先でご覧になれます。

Vale認定証

【米国PDR技術者認定証】
グループ代表が取得した資格と同じ
最高ランクのマスタークラフトマン

合格後に認定員の方と記念撮影

PDR技術者認定試験合格!記念撮影をさせていただきました
(トラストデント北九州八幡店代表)

Vale全員合格記念

「MOBILE TECH EXPO 2013」 PDRライセンス認定試験会場にて記念撮影させていただきました。

※トラストデント・グループ正規施工代理店と認められるには、マスタークラフトマン試験合格と同等の国際レベルの高度な技術と豊富な経験値を有していなければなりません。当グループでは代表の押味氏から直接指導を受け、それらを認められた者のみが施工代理店を任されております。Vale社認定の有無に関わらず、全国どちらの施工店におきましても安心してお任せ下さい。

ページトップへ

トラストデント福岡県北九州市八幡店

店舗情報


トラストデント北九州八幡店

〒807-0045
福岡県遠賀郡水巻町吉田東2丁目10-33

TEL 093-201-3338
FAX 093-201-3338
mail info@tdg-kitakyushu-yahata.com
定休日 不定休
営業時間 AM9:00~PM7:00


→詳しいショップ案内アクセス